コンテンツにスキップする

アルセロール・ミタル:4-6月利益は予想以上-鉄鋼需要拡大

世界最大の鉄鋼メーカー、欧州 のアルセロール・ミタルの4-6月(第2四半期)決算は、利益が 前年同期比22%増加した。需要拡大で販売が増加した。

同社の27日の発表資料によると、EBITDA(利払い・税 金・減価償却・償却控除前利益)は34億1000万ドル(約2700億 円)と、前年同期の28億1000万ドルから増加し、ブルームバーグ がまとめたアナリスト14人の予想平均32億5000万ドルを上回った。

ラクシュミ・ミタル最高経営責任者(CEO)は発表資料で 「当社は鉄鋼の販売価格上昇を支えに、2011年第2四半期に好業績 を計上した」と説明。「7-9月(第3四半期)は季節的な影響を 若干受けるが、昨年ほど突出した規模にはならないとみている」と 指摘した。

コスト増が響き、4-6月期の純利益は15億4000万ドルと、 前年同期の17億1000万ドルを下回った。

同社によると、7-9月期のEBITDAは24億-28億ドル の見込み。ブルームバーグがまとめたアナリスト11人の予想平均は 26億8000万ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE