コンテンツにスキップする

亀崎委員:金融政策は主体的、能動的に実施-下振れリスク意識

日本銀行の亀崎英敏審議委員は 27日午前、津市内で講演し、景気が今年度後半以降、緩やかな回復経 路へと復していくという日銀の標準的な見通しについて「やや長い目 で見た場合、下振れリスクを意識する必要がある」と述べた上で、金 融政策運営について「必要な施策を主体的に、能動的に実施していく べきだ」と語った。

亀崎委員は景気の先行きについて「供給制約がさらに和らぎ、生 産活動が回復していくに連れて、海外経済の回復による輸出の増加や 復興需要の顕現化などから、今年度後半以降、緩やかな回復経路へと 復していくものとみている」と述べた。

その一方で「やや長い目で見れば、定期点検後の原発の再稼働問 題などを背景に、電力供給に関する不確実性が幾分増している」と指 摘。さらに「為替円高や高い法人税率、FTA(自由貿易協定)、E PA(経済連携協定)交渉の遅延といった、製造業の立地に不利な条 件が多い中、さらに電力供給懸念が加われば、企業の海外シフトが加 速しかねないため、大いに懸念している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE