コンテンツにスキップする

国際問題研の劉氏:IMFの元高要請は意思疎通不足反映-金融時報

国際通貨基金(IMF)が人民元の 上昇を促す動きは、IMFと中国との意思疎通不足を物語るものだ。中 国紙、金融時報が、同国国際問題研究所の劉友法副所長の話として伝え た。劉副所長は、朱民氏がIMFの副専務理事に昇格することがIMF と中国の相互理解の向上に役立つだろうとの見方を示したという。為替 相場は、世界の貿易均衡を決定づける唯一の要因ではなく、主要な要因 ですらないと同副所長は主張している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE