コンテンツにスキップする

英サッカー選手A・コール氏が米ニューズを提訴-電話盗聴事件

イングランドを代表するサッカー 選手であるアシュリー・コール氏は25日、英大衆紙ニューズ・オブ・ ザ・ワールドの特ダネのため著名人の留守番電話メッセージを盗聴し た罪で収監中の私立探偵グレン・マルケア受刑囚と同紙を傘下に置く 米メディア大手ニューズ・コープの英部門を相手取り、英高等法院に 提訴した。

ニューズに対しては、女優のシエナ・ミラーさんやプレスコット 元英副首相ら20数人の著名人も同様の訴訟を起こしている。

コール氏(30)の弁護人を務めるバーウィン・レイトン・ペイズ ナーのグレアム・シアー氏は26日の電話インタビューで、「一体どれ だけの人々をニューズ・オブ・ザ・ワールド紙は見張っていたのだろ うかとわれわれは常々疑問に思っていた」と語った。

電話盗聴疑惑をめぐる民事訴訟で浮かび上がった証拠を引き金に、 警察当局は1月に改めて捜査を開始。英少女殺人事件で被害者の留守 番電話のメッセージを同紙記者が消去していた事実が発覚し、ニュー ズは同紙の廃刊を余儀なくされ、英有料放送ブリティッシュ・スカイ・ ブロードキャスティング・グループ(BスカイB)の完全子会社化も 断念した。

シアー氏は著名人による新聞社を相手取った名誉棄損訴訟を20 年余りにわたり手掛けてきた。同氏は4月に自身の電話が依頼人と弁 護士間の極秘会話を傍受する目的で盗聴されたとしてニューズ・コー プを提訴していた。同氏はコール氏の離婚をめぐって代理人を務めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE