コンテンツにスキップする

エステー株一時ストップ高、家庭用の放射線測定器を10月発売へ

消臭芳香剤、防虫剤など家庭用化 学品メーカーのエステー株が、一時制限値幅いっぱいのストップ高。 一般家庭で使える放射線測定器の発売を開始する、と26日に発表。東 京電力・福島第1原子力発電所事故を受けた放射性物質の拡散問題が 続く中、今後の製品需要を見込む買いが膨らんだ。

株価は買い気配で始まり、売買成立後はストップ高となる前日比 17%高の1035円まで上昇。2010年8月9日以来、約1年ぶりの高値 水準を回復した。午前10時現在の売買高は50万株と、過去1年間の 1日当たり平均売買高の約50倍に達した。

会社側の発表によると、家庭用放射線測定器「エアカウンター」 は関東、東北を中心としたドラッグストアやホームセンター、もしく はインターネット通販で10月下旬から販売する予定で、希望小売価格 は税込み1万5750円。首都大学東京の放射線安全管理学の専門家であ る福士政広教授の監修で、同大学と共同開発した。年内は5万個の生 産を予定。1時間当たりの人に対する放射線の影響がどれだけあるか、 を表す単位であるマイクロシーベルトで放射線量を表示する。

SMBCフレンド証券投資情報部の中西文行部長は、茶葉や牛肉、 園芸用腐葉土にまで高濃度の放射線物質が検出されている現状から、 「人気化するのは当然だ」と指摘。「放射能汚染は健康に関わる問題で あることから、即日完売で今後の増産も間違いない」との見方を示し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE