コンテンツにスキップする

米CBO:下院議長案なら8500億ドル歳出削減-予想下回る

米議会予算局(CBO)はベイ ナー米下院議長(共和、オハイオ州)の歳出削減案が実現しても、 削減規模は10年間で8500億ドル(約66兆円)にとどまり、共和党 の予想を下回ると見込まれることを明らかにした。同法案は27日に 下院で採決が予定されている。

連邦債務の上限を2段階で引き上げるというベイナー議長の提 案は、第1段階で1兆2000億ドル、第2段階で1兆8000億ドルの 歳出削減を目指している。CBOは第1段階の削減額は約8500億ド ルにとどまると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE