コンテンツにスキップする

仏LVMH:1-6月は25%増益-高級品需要で予想上回る伸び

高級ブランド品最大手、フランス のLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの1-6月(上期)決算 は、純利益がアナリスト予想を上回った。「ルイ・ヴィトン」ブランド のソフトレザーコレクション「モノグラム・アンプラント」の販売が 好調だった。

同社の26日の発表によれば、上期の純利益は前年同期比25%増 の13億1000万ユーロ(約1480億円)。ブルームバーグがまとめたア ナリスト5人の予想平均は12億5000万ユーロだった。4-6月(第 2四半期)売上高は前年同期比9%増の50億5000万ユーロ。

上期の部門別の売上高は、同社最大のファッション・皮革製品が 14%増加。時計・宝飾品は27%、ワイン・スピリッツは13%、香水・ 化粧品は11%それぞれ増えた。いずれも為替変動と買収の影響を除い たベース。同社によれば、今年は高級ブランド品の販売ペースが衰え る兆候は見られないという。

地域別の売上高は、現地通貨ベースでアジアが26%増、ハワイを 除く米国が17%増、欧州が8%増となった。一方、日本では6%減少 した。

ビッキー・リー氏らバークレイズ・キャピタルのアナリストは19 日付の顧客向けリポートで、「最近の経済混乱でも高級品分野は影響を 受けていない」と指摘。同氏はLVMH株の投資判断を「オーバーウ エート」としている。

アクセサリーの販売が伸びる中、同社はエルメス・インターナシ ョナルの株式を追加取得し、出資比率を従来の20.2%から21.4%に引 き上げた。同社は3月にイタリアのブランド、ブルガリを買収するこ とで合意している。債務の引き継ぎを含む買収金額は約43億ユーロ。

同社はこの日、12月2日に1株当たり0.80ユーロの中間配当を 支払うと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE