コンテンツにスキップする

CFA証券アナリスト試験、第1段階の合格率が39%に低下

投資に関する国際資格の認定を行 う世界的な団体、CFA協会が6月に実施した同協会認定証券アナリ スト(CFA)試験では、3段階のうちレベル1(第1段階)の合格 率が前年から低下した。一方でレベル2(第2段階)の合格率は上昇 した。

非営利団体のCFA協会が26日に電子メールで公表したところ によると、レベル1の合格率は39%と、昨年6月の42%から低下。レ ベル2の合格率は43%(昨年は39%)だった。

レベル1の試験は6月と12月の年2回受験することができる。レ ベル2、3は年1回のみ。2010年12月のレベル1試験での合格率は 36%だった。レベル3の結果は8月に公表される。

今回の公表資料によれば、6月のレベル1への出願者は6万3990 人で実際に試験を受けたのは約4万8000人。レベル2への出願者は5 万4163人で受験者は約4万4000人。CFAのウェブサイトによれば、 前年はレベル1の受験者が4万6863人、レベル2は4万3406人だっ た。

6月の出願者数は全体で14万4900人と、過去最高に達した。米 金融業界の雇用が4年連続で減少した中で、就職活動で強みになるC FA資格の取得を狙う人が増えた。CFAの6月1日の発表によると、 今回の試験には計162カ国・地域から願書が集まった。米国の出願者 数は3万7721人で、中国とインドの出願者数はそれぞれ10%以上増 え、中国が1万7607人、インドが1万3290人に達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE