コンテンツにスキップする

ホーニグ総裁:金融政策に関する情報のリークに反対した-議会で証言

カンザスシティー連銀のホーニグ 総裁は、米連邦準備制度理事会(FRB)が情報伝達に関する指針を 採用したことについて、将来の金融政策決定に関する情報のメディア への漏えいを防ぐことなどが目的だと述べた。

ホーニグ総裁は26日、下院金融委員会の小委員会で米紙ウォール ストリート・ジャーナル(WSJ)へのリークに言及し、「私はこの種 の情報漏えいに反対の立場を示し、厳しく追及することを求めた」と 証言。「FRBのメンバーが決定前に機密扱いの情報を明かしたり、メ ディアにリークしたりすることはやるべきではないと考える」と述べ た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE