コンテンツにスキップする

アップル株、終値で初の400ドル台-時価総額首位のエクソンに迫る

米コンピューター・電子機器メー カー、アップルの株価は26日、終値で初めて400ドル台に乗せた。1 週間前に過去最高の売上高と利益を発表した同社は、時価総額で世界 一の米エクソンモービルに迫る勢いを見せている。

26日のナスダック市場ではアップル株は前日比4.91ドル高の

403.41ドル。年初来では25%上昇し、今月19日の4-6月(第3四 半期)決算発表以降では7%高。同社の時価総額は約3740億ドル(約 29兆円)に増加した。エクソンの時価総額は4160億ドル。

アップルは共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が10年以上前に 最高経営責任者(CEO)に返り咲いた時には経営破綻寸前だったが、 「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」など の新製品の好調を追い風に現在の時価総額はマイクロソフトとインテ ルの合計を上回る規模に達している。1985年に解任されたジョブズ氏 が同社に復帰した97年9月16日の株価は調整後ベースで5.48ドル。

アップル株を含めて27億ドルの資産を運用するオークブルッ ク・インベストメンツのヘッドトレーダー、ギリ・チェルクーリ氏は 「私はマックからスタートし、iPod、iPhoneを使い、今は iPadを利用している」と述べ、「信じられないほど素晴らしい」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE