コンテンツにスキップする

米3M:通期利益見通し予想以下-4~6月はディスプレー部門が減収

米日用品・工業品メーカーの 3Mが示した2011年通期の利益見通しはアナリスト予想を下回 った。4-6月(第2四半期)は液晶テレビの需要低調などでディ スプレー・グラフィック部門の売り上げが減少した。

26日の同社発表によると、通期の利益は年金関連費用を含め たベースで1株当たり6.10-6.25ドルになる見通し。予想レン ジの下限を従来から5セント引き上げた。ブルームバーグがまとめ たアナリストの予想平均は6.31ドルだった。

第2四半期決算は、純利益が11億6000万ドル(約905億円、 1株当たり1.60ドル)と、前年同期の11億2000万ドル(同1.54 ドル)から増加。アナリスト15人の予想平均は1株当たり利益

1.59ドルだった。売上高は前年同期比14%増の76億8000万ド ルとなった。アナリスト予想は76億2000万ドル。ディスプレー・ グラフィック部門は7%減収だった。

3Mは、3月に発生した東日本大震災の4-6月期業績への影 響について、売り上げの伸びが2.4ポイント、利益が1株当たり 7セントそれぞれ押し下げられたと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE