コンテンツにスキップする

ルービニ教授:中国ハードランディングの可能性は13年以降に高まる

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授は26日、中国のハードランディングの可能性は2013年以降に 高まるとの見解を示した。投資ブームと銀行システム内の不良債権およ び公的部門の債務の増加が理由だという。上海でのフォーラムで語っ た。

ルービニ教授によれば、中国のハードランディングとは経済成長率 が5-6%程度となるシナリオ。この確率は短期的には「極めて低い」 と同教授は述べた。

ルービニ教授によるソフトランディングの定義は8%前後の経済成 長率と5%以下のインフレ率。このソフトランディングを中国が実現す る確率は85%だと同教授はみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE