コンテンツにスキップする

中国、不良債権と過剰生産能力が今後成長率に影響も-ルービニ教授

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授は26日、上海のフォーラムで、中国では不良債権と過剰生産 能力が2013年か14年までに経済成長率に影響を及ぼす可能性があると指 摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE