コンテンツにスキップする

インド中銀:政策金利0.5ポイント上げ8%に-予想上回る利上げ幅

インド準備銀行(中央銀行)は 26日、市場予想を上回る0.5ポイントの利上げを実施した。主要経 済国で最も高い水準にあるインフレ率の抑制を目指す。

インド中銀は政策金利であるレポ金利を8%と、従来の7.5%か ら引き上げた。同中銀がムンバイで声明を発表した。ブルームバー グ・ニュースがエコノミスト22人を対象にまとめた調査では、同幅 の利上げは誰も予想していなかった。20人が0.25ポイントの利上げ、 残りの2人は据え置きを見込んでいた。

インド中銀は来年3月末までの1年間のインフレ率予想を6%か ら7%に上方修正した。韓国やマレーシア、インドネシアの中銀は今 月、利上げを見送ったが、地方の賃金が上昇し、企業投資の不十分な 伸びで生産能力が圧迫されるインドでは、物価圧力は中銀にはそうし た金融政策上の余地がないことを意味している。

スバラオ総裁は声明で、「この日の政策決定は需給両面で補完的 な政策対応がない中で、金融政策措置の強化が必要であることを浮き 彫りにするものだ」と指摘。「政策姿勢の変化は持続可能なインフレ 低下の兆しによってもたらされるだろう」と付け加えた。

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、アヌブチ・サヘ イ氏(ムンバイ在勤)は利上げ発表前に、「インフレ圧力は強まりつ つあり、インド中銀が警戒を緩めることはできない」と指摘。「物価 が落ち着く明らかな兆候が見られるまで、インド中銀は利上げを続け るだろう」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE