コンテンツにスキップする

高速鉄道事故、中国経済成長モデルの「転換点」となる可能性-シティ

23日に中国浙江省で起きた高速鉄 道の追突事故は、インフラ支出の鈍化につながり、同国成長モデルの 「転換点」になる可能性がある。シティグループのアナリストがこう した見方を示した。

シティグループのアナリスト、沈明高氏は25日のリポートで、「当 局は今後数年間、国内総生産(GDP)伸び率を緩やかではあるが着 実に7-8%の水準まで意図的に鈍化させ、人為的な高成長が招いた 問題の解決により多くの時間を費やすことを選ぶ可能性がある」と指 摘した。

沈氏はまた、今回の事故により高速鉄道のみならず地下鉄や橋、 道路への投資ペースが「少なくとも短期的に」鈍化し、その結果、商 品需要に影響が出ると分析した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Richard Frost at +852-2977-6607 or rfrost4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE