コンテンツにスキップする

【個別銘柄】キヤノン、花王、電力、帝人、メガトプ、不二越、カボン

株価変動材料の出た銘柄の終値は 以下の通り。

キヤノン(7751):前日比2.6%高の3885円。会社側は25日、東 日本大震災に伴う部品供給問題が想定より早く解消し、生産回復ペース が速まるとして今期(2011年12月期)の連結純利益予想を従来の2200 億円から前期比5.4%増の2600億円に上方修正した。ブルームバー グ・ニュースが算出したアナリスト19人の同予想値の平均(2297億円) をも上回り、買いが優勢となった。

花王(4452):4.7%高の2262円。国内市場の回復が予想より早か ったうえ、海外の売り上げも好調に推移、25日公表の4-6月期(第 1四半期)決算は、連結営業利益が前年同期比12%増の292億円とな った。12年3月期の連結営業利益予想を従来の1050億円から前期比

3.3%増の1080億円に増額、業績の堅調ぶりが評価された。

ソフトバンク(9984):1.4%高の3185円。同社の4-6月期の連 結営業利益が前年同期比12%増の1750億円前後となり、同期として過 去最高になったもようと26日付の日本経済新聞朝刊が報じた。スマー トフォン(高機能携帯電話)の契約件数が増え、データ通信の収入を押 し上げたという。会社側は「当社が発表したものではない」との声明を 発表、28日に同期決算発表を予定しているとした。

メガネトップ(7541):13%高の1180円。販売好調などを理由に 12年3月期の単体当期純利益予想を33億円から前期比66%増の44億 円に引き上げたと午前11時に発表。これを受けて午後に急騰した。

電力株:東京電力(9501)が4.3%安の512円、中部電力(9502) が1.1%安の1420円など。原子力発電所の稼働停止などにより、電力 大手5社で今期の燃料費が前期に比べ約2兆円増加する見通しと26日 付の日経新聞朝刊が報道。中部電は1000億円規模の営業赤字になりそ うだとも伝えられ、業績動向を警戒する売りが優勢となった。

ベアリング大手:不二越(6474)が5.7%安の526円、ジェイテク ト(6473)が2.9%安の1193円、NTN(6472)が3.9%安の467円、 日本精工(6471)が3.7%安の775円。ベアリングの取引に関し価格カ ルテルを結んでいた疑いが強まったとして、公正取引委員会が26日、 独占禁止法違反容疑で立ち入り検査を行った。4社が午前の取引終了以 降に相次いで発表した。業績への影響が懸念され、午後に値を下げた。

帝人(3401):2.5%安の354円。バークレイズ・キャピタル証券 は25日、構造改革の進展と高機能繊維の拡大は株価におおむね織り込 まれたと指摘、同社株の投資判断を「イコールウエート」から「アンダ ーウエート」に、目標株価を410円から370円に引き下げた。

半導体関連株:ディスコ(6146)が1.1%安の4470円、新光電気 工業(6967)が1.6%安の692円など。個人消費の伸び率が鈍化した影 響などから、米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が発表 した7-9月の1株利益見通しは55-65セントと、市場予想の64セン トを下回り、世界的な半導体需要の先行きが不安視された。

日産東京販売ホールディングス(8291):31%高の139円で、東証 1部の上昇率1位。未定としていた12年3月期の業績予想を25日に公 表、連結営業利益を前期比3.2倍の21億円と見込んだ。震災後の商品 の供給や最近の業績動向などを踏まえたとしている。

日本カーボン(5302):8.6%高の252円で東証1部上昇率3位。 一時256円と2月22日以来、約5カ月ぶりの高値を回復した。ファイ ンカーボン、リチウムイオン電池負極材の販売高が4-6月期に計画を 上回って推移したことなどを考慮、11年12月期の連結営業利益予想を 30億円から45億円に引き上げた。20%の減益予想が一転、19%の増益 見通しとなり、収益改善基調が好感された。

信越化学工業(4063):0.8%高の4350円。会社側が午後1時30 分に公表した4-6月期の連結営業利益は前期比11%増の400億円と、 四半期業績の予想を行っている担当アナリスト2人の平均(385億円) を上回った。今回新たに12年3月期の業績予想を開示、連結営業利益 予想を前期比3.9%増の1550億円と設定した。発表後に売買が活発化 し、株価は一時3%高まであった。

帝国繊維(3302):5.3%高の538円。午後2時に1-6月期(上 期)の連結純利益が10億円になったもようだと発表。電力会社など民 間企業向けに防災資機材の売り上げが想定より増加し、前年同期比の減 益率が57%から43%に縮小した。

スタジオアリス(2305):5.7%高の1315円。「早撮り七五三キャ ンペーン」が好調に推移し、子会社のMARIMO&JVISの業績が 予想を上回った結果、1-6月期(上期)の連結営業損益は3億1000 万円の黒字になったもよう、と25日に発表。前年同期は10億円の赤字、 前回予想は8億3000万円の赤字で、収益改善が評価された。

ハードオフコーポレーション(2674):5.1%高の436円。午後2 時公表の4-6月期の営業利益は前年同期比73%増の3億8300万円と なった。環境問題意識の高まりや消費者の節約志向が一段と強まったこ とが奏功、リユース商品の需要が拡大したという。

メルコホールディングス(6676):4.2%高の2289円。同社が25 日に発表した4-6月期決算によると、連結営業利益は前年同期比 29%減の21億円となり、通期計画(67億円)に対する進ちょく率は 31%に達した。野村証券の田中誓アナリストは、外付けHDの収益性が 改善傾向にあり、ネットワーク対応HDも高利益率を達成していると指 摘、投資判断「買い」と目標株価3000円を強調した。

蝶理(8014):2%高の100円。未定としていた12年3月期の業 績予想を25日に公表、連結営業利益は前期比12%増の58億円と見込 んだため、本業の好調が評価された。同社は繊維や化学品、機械を扱う 商社。

コナミ(9766):3.3%高の2116円。マッコーリー証券は25日、 投資判断を従来の「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」、 目標株価を1400円から2400円に引き上げた。

コカ・コーラウエスト(2579):1.7%高の1542円。販売数量は計 画を下回ったが、納価改善やコスト削減努力が奏功し1-6月(上期) の連結営業利益は前年同期比4.7倍の60億円と、従来計画の49億円を 上回ったもようと25日に発表した。28日に予定している上期決算発表 時に、11年12月通期計画も上方修正されるとの期待が高まった。

タカラレーベン(8897):3.3%安の501円。今期に引き渡しを予 定していた横浜市白根の物件で、地中障害物の撤去に想定外の時間を費 やし今期中の引き渡しが不可能になったため、12年3月期の連結純利 益予想を41億円から前期比29%減の36億円に減額修正した。

ステラケミファ(4109):2.3%安の2477円。半導体・液晶部門を 中心に売上高は前年同期を上回ったが、主要原料の無水フッ酸の価格高 騰で収益性が悪化、4-6月期(第1四半期)の連結純利益は前年同期 比11%減の5億6200万円に落ち込んだ。

ベクター(2656):4.4%高の8万3500円。同社は25日、ダウン ロード型のオンラインゲーム「聖境伝説」の累計会員登録数が30万人 を超えたと発表した。オンラインゲーム事業の発展で今期8%の営業増 益を計画しており、今後の業績貢献を見込む買いが優勢となった。

アルク(2496):11%高の1万7320円。同社と明光ネットワーク ジャパン(4668)は25日、業務資本提携すると発表。アルクが持つ英 語ブランド力やコンテンツ制作力と、明光ネットの持つ個別指導塾のフ ランチャイズ展開ノウハウを融合、新たな英語教室の展開や教材、指 導・研修プログラムなどの共同開発を行っていくとしている。明光ネッ トは、アルク社長から発行済み株式総数比1%の同社株を取得する。

タケエイ(2151):5.2%高の1787円。同社と鹿島(1812)、産業 振興3社の共同企業体が、岩手県釜石市の発注する災害廃棄物処理事業 を落札した、と26日の取引開始前に発表。今後の収益貢献を見込む買 いが膨らんだ。

ノア(3383):17%高の3500円。ヤマダ電機(9831)の新規直営 店の店舗フロアLED照明化に伴い、最大2億6200万円の受注がある 見通しだと午後1時に公表した。

前田工繊(7821):9.6%安の1166円。政局混迷による公共事業予 算の執行遅延の影響を受けており、11年9月期の連結純利益計画を8 億8800万円から5億5000万円に38%引き下げた。10%の増益予想が 一転、32%の減益になる見通しで、失望売りが出た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE