コンテンツにスキップする

JPモルガン:元バークレイズ三田氏を採用、商品市場ヘッジ担当

JPモルガン証券は、金属やエネル ギー商品などの価格変動リスクをヘッジする事業を強化するため、元バ ークレイズ・キャピタル証券の三田直樹氏(35)を採用した。

JPモルガン広報担当の長谷川さち子氏によると、三田氏は22日に 入社し、リスク管理サービスを提供する「法人ソリューション営業部」 に配属された。

複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたところによれば、三田氏 は今後、自動車メーカーや商社、電力、石油各社との間の取引を担当す る。JPモルガンは昨年、米商品取引会社RBSセンプラ・コモディテ ィーズの一部事業を買収するなどコモディティー事業を強化している。

三田氏は、約5年間在籍していたバークレイズ・キャピタル証券金 融営業本部コモディティーズ部でも同様の事業を担当していた。

住友商事の非鉄金属事業部部長付の今井誠氏は、三田氏について、 「通常のマーケッターよりもアレンジ力に優れており、ユーザーのニー ズに合った商品を提供してくれる」と話した。

今井氏はまた、製造業を中心に国内企業は世界的な競争力の強化を 迫られていることから「ヘッジのニーズは今以上に必要になる。コスト を固定化して利益を確実に積み上げることが求められている」と指摘し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE