コンテンツにスキップする

財務相:円高「極めて対外的な要因で一方的な動き」-市場動向注視

野田佳彦財務相は26日午前の閣議 後会見で、外国為替市場でドル・円相場が1ドル=78円台と円高で推 移していることについて、「極めて対外的な要因で一方的な動きになっ ている。しっかりと市場の動向を注視していきたい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE