コンテンツにスキップする

加RIMが2000人削減へ-ブラックベリーの市場シェア縮小で

スマートフォン(多機能携帯電 話)「ブラックベリー」を生産するカナダのリサーチ・イン・モーシ ョン(RIM)は、総従業員の10%に相当する約2000人を削減す る計画を明らかにした。アップルのiPhone(アイフォーン)に 市場シェアを奪われ、売り上げが落ち込んでいることが背景にある。

RIMは25日の発表で、全社の組織に及ぶ従業員削減は「最も 成長機会の高い分野に集中する」計画の一環だと説明した。削減後の 従業員数は約1万7000人となる。

RIMは先月、四半期売上高が9年ぶりに減少するとの見通しを 示した。RIMは市場シェアをアップルのアイフォーンや、グーグル の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したモデルに奪われて いる。昨年8月以降、大幅なモデルチェンジがないことが一因。

解雇手当など人員削減に関連した費用は今四半期と通期の業績見 通しに含まれておらず、9月15日公表の6-8月(第2四半期)決 算の中で業績への影響を明らかにするという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE