コンテンツにスキップする

中国人民元、17年ぶり高値-物価安定が優先課題と胡錦濤主席が発言

中国人民元は25日、対ドルで 17年ぶりの高値を更新した。胡錦濤国家主席がインフレ抑制の取 り組みを続ける決意を表明したことに反応した。

国営の新華社通信は22日、7-12月(下期)は物価の安定 が優先課題となり、政府は穏健(慎重)な金融政策を継続するとの 胡主席の発言を報じた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 前週末比0.01%高の1ドル=6.4450元で取引を終了。一時

6.4445元と、公定・市場レートが統合された1993年末以来の高 値を付けた。香港のオフショア市場では、人民元はほぼ変わらずの

6.4460元。

ブルームバーグが集計したデータでは、香港での人民元の1年 物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は0.05%安の1ドル =6.3835元。上海スポット取引の元相場に対するプレミアム(上 乗せ幅)は1%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE