コンテンツにスキップする

EU:企業の国境またぐ債務回収容易にする法案提示-銀行の負担増も

欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会は、企業がEUの司法当局から裁判所命令を得れ ば債務者資産を凍結できる法案を提示した。弁護士らは、銀行のコス トや負担を高める動きだと指摘している。

欧州委のレディング委員(司法・基本権・市民権担当)は25日 に声明で、法案が通れば企業は年間で最大6億ユーロ(約674億円) の債務を回収できるようになると説明。現在は国境をまたぐ訴訟費用 を回避するため、企業はこうした債務を償却している。

同委員は「国境を越えた債務回収を国内同様に容易にすることを 目指している」とし、現状は欧州市場における「弱点であり、迅速に 是正する必要がある」と指摘した。

欧州委は昨年、国境をまたぐ債務について、異なる国内法や各国 で資産を凍結するコストの高さが原因で、63%が回収できないとの見 積もりを示した。今回提案された法がEU加盟27カ国で施行される には、欧州議会の承認が必要。債務者の資産は国内の裁判所が債権者 の回収申し立てを認めるまでは銀行の管理下に入る。

法案の概略が明らかになった昨年、債権者からは資産凍結が遅い として、債務者からは差し押さえの根拠が不十分だとして双方が銀行 を提訴する可能性があると、弁護士らが指摘していた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Erik Larson in London at +44-20-3216-4190 or elarson4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anthony Aarons at +44-20-7673-2227 or aaarons@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE