コンテンツにスキップする

ソフバンク:S&Pが04年以来初の投資適格-携帯債務借換え受け

米スタンダード・アンド・プアー ズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)は25日、国内通信3位 ソフトバンクの格付けを1段階引き上げ、投資適格に当たる「BBB -」とした。携帯電話事業買収に伴う負債5500億円の借り換え契約 を金融機関側と結んだ、と22日に発表したことを受けた措置。

S&Pがソフトバンクの投資格付けを適格としたのは、2004年 に同社の格付けを開始して以来初めてで、「クレジット・ウォッチ」 も解除した。見通しは「ポジティブ」とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE