コンテンツにスキップする

独国債が米国債より高リスク、CDSが示唆-メルケル政権の負担増

米国に初めてデフォルト(債務 不履行)のリスクが浮上しているが、デリバティブ(金融派生商品) 市場の動きには、米国債よりもドイツ国債を保有する方が高リスク との見方が反映されている。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、独国 債の損失に備えた保証料が今月約39%上昇し、11日に米国債の保証 料を4月以降で初めて上回った。ブルームバーグがストラテジスト やエコノミスト20人を対象に実施した調査では、欧州債務危機で資 金の避難先として買われてきた10年物独国債の利回りが年末までに は上昇すると全員が予想した。

ドイツは米国や他のユーロ圏諸国を上回る経済成長を見せてい るものの、メルケル独首相が域内財政難国の救済をリードする中で 同国の負担コストが増幅すると懸念が債券トレーダーの間に広がっ ている。ドイツは今年、国債入札額に応札額が届かなかったケース が3回あった。

英グラスゴーを拠点とするイグニス・アセット・マネジメント の運用担当者、スチュアート・トムソン氏は先週のインタビューで 「周辺国危機の解決策によって、ドイツはさらに財政難国に融資す ることになり、自国のバランスシートを毀損(きそん)しつつある」 と指摘。「こうした見方はCDSの価格には反映されているが、債 券利回りにはまだだ。財政的な統合という考え方は最終的にはドイ ツの国としての信用力を弱らせる。われわれは独国債よりも米国債 の方を前向きに見ている」と語った。

欧州の救済

欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)はギリシャとアイ ルランド、ポルトガル向けに約3650億ユーロ(約41兆円)の救済 を約束している。このうち1090億ユーロは先週合意されたギリシャ 向け追加支援。支援の一部は4400億ユーロ規模の欧州金融安定ファ シリティー(EFSF)を通じて行われる。EFSFの文書によれ ば、ドイツは同基金の27%を負担している。

ブルームバーグの集計データによると、10年物独国債利回りは 先週、13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し

2.83%。10年物米国債利回りは6bp上昇し2.96%。両者の差 (スプレッド)は1月に付けた53bpから縮小している。

ブルームバーグのエコノミストとストラテジスト調査では、独 国債利回りの年末予想中央値は53bp高い3.36%。米国債利回りは 同じ幅上昇し約3.5%に達すると見られている。

出遅れ

今年の独国債のリターンはプラス1.4%で、同3.3%の米国債に 出遅れていることがバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリン チの指数に示されている。

米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとス タンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、米議会が債務上限を 引き上げず、財政赤字削減で信頼できる計画もまとまらなければ、 米国が最上級格付けを失う恐れがあると指摘した。それでも米国債 相場は今月上昇している。

S&Pは5月18日のリポートで「ドイツの国家財政はリセッシ ョン(景気後退)を受けて悪化しているが、最上級格付けの複数の 国の財政よりも悪化の程度は抑制されている。これらの国の大幅な 赤字増加はもっと顕著であり、長期間続くだろう」との見解を示し ていた。

CDS市場は、S&Pの独国債に対するこうした見方が控えめ 過ぎる可能性を示唆している。CMAのデータによれば、独国債の 保証料は先週、56.8bpで終了。米国債の保証料は52.9bpだった。

資産運用会社ニューバーガー・バーマン・フィックスト・イン カムの債券担当最高投資責任者(CIO)、ブラッドリー・タンク 氏は先週のインタビューで「CDSは現物市場に先行し、現物市場 の動きを予告することが可能だ」と指摘。「短期的に独国債にプラ スと受け止められていることは、ドイツが再編の責任のかなりの部 分を負担する点では、マイナス要因と解釈される恐れがある」と分 析した。

To contact the editor responsible for this story: Dave Liedtka at dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE