コンテンツにスキップする

ドイツ銀、ギリシャ債の50%評価減を受け入れる用意あった-ウェルト

ドイツ銀行は保有するギリシャ債 について、ギリシャ支援策の下で50%の評価引き下げを受け入れる用 意があったと、独紙ウェルトが複数の金融業界関係者の話を基に伝え た。

同紙によると、この規模の評価切り下げを行っていれば、同行の 費用負担は3億ユーロ(約340億円)になっていたという。

ギリシャ支援の民間負担に関する国際金融協会(IIF)の先週 の発表は、21%の評価引き下げを自発的に受け入れる内容となってお り、これを実行すれば、ドイツ銀行では「少額」の利益につながる可 能性があると、同紙は情報源を示さずに伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE