コンテンツにスキップする

米投機家の商品買い越し:約1年で最大の増加-世界景気の回復観測で

ファンドによる商品相場上昇を 見込む買い越しが約1年間で最大の増加率を示した。世界景気の回 復が持続するとの観測が高まったことが要因。

ブルームバーグが集計した米政府のデータによると、投機家に よる商品18銘柄の先物とオプションの買い越しは19日終了週に 16%増加し126万枚と、昨年8月初め以降で最大の伸びを示した。 銀の買い越しは5月3日以来の高水準となった。

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のGSCIスポッ ト指数は4週連続で上昇し21日には1カ月ぶりの高水準に達した。 欧米諸国が財政難に苦しむ中、商品相場は上昇している。欧州の首 脳らが債務危機の阻止を目指す計画を発表したことから、株式のM SCI世界指数は先週2.7%上昇した。

BB&Tウェルス・マネジメント(アラバマ州)で170億ドル 相当の資産運用を手掛けるウォルター・ヘルウィグ氏は「第3四半 期(7-9月)には米国、日本ともに経済成長が上向くだろう」と 予想。「中国経済がハードランディングする兆候は見られない。欧 州で何らかの形の決議が採択されれば、たとえ短期的なものでも相 場上昇につながる可能性がある」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE