ポルトガル首相:所得税率の一時的上乗せを準備-財政赤字削減で

ポルトガルのコエリョ首相は、今 年の財政赤字削減目標を達成するため、所得税率を一定期間上乗せす る準備を進めていることを明らかにした。

コエリョ首相は今月の首相就任後初の議会演説で、税率引き上げ は個人所得税の全てに適用されると説明。これに伴う税収は、労働者 が受け取るクリスマス助成金の50%に当たるとの見通しを示した。 同助成金は月給の1カ月相当。

同首相は「公会計の状況を見ると、より多くの犠牲を国民にお願 いせざるを得ない」とした上で、「われわれには達成すべき目標があ り、実行可能な選択肢は他に残されていない」と述べた。

ポルトガルは、緊縮策を通じて2013年までに財政赤字の対国内 総生産(GDP)比率を欧州連合(EU)基準の3%以内に下げるこ とを目指す。昨年の同比率は9.1%で、今年の目標は5.9%。

コエリョ首相は、今年の目標達成には約20億ユーロ(約2340億 円)相当の追加措置が必要だと指摘。所得税率の一時引き上げで約8 億ユーロの税収になるとの見通しを示した。一時的な税率引き上げ提 案の詳細については、財務省が2週間以内に公表するとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE