NY銅先物:上昇、一時9週ぶり高値-ギリシャ議会の法案可決を好感

30日のニューヨーク銅先物相場は 上昇。一時9週間ぶりの高値を付けた。ギリシャ議会が財政緊縮策を 実施に移す法案をこの日可決し、欧州連合(EU)によるギリシャ支 援継続で条件が整ったことが好感された。

ユーロ圏財務相は次回のギリシャ向け融資の実行を今後決定する とともに、満期を迎える同国債のロールオーバー(借り換え)に応じ ることで金融機関が同意したことを受けて第2次救済パッケージを取 りまとめる。主要通貨のバスケットに対するドル指数が4日続落した ことも、金属への投資妙味を高めた。

マレックス・フィナンシャルのロンドン金属取引所(LME)セ ールス責任者、ニック・ライリー氏は、ギリシャ議会の法案可決が「銅 相場を幾分支えた」と述べるとともに、「ドル安も商品相場の支援材料 となった」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物9月限終値は前日比5.85セント(1.4%)高の1ポンド=4.2825ド ル。一時は4.2875ドルと、中心限月としては4月28日以来の高値を 付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE