コンテンツにスキップする

モルガンS:17億ドルの費用計上へ-三菱UFJ保有の優先株転換で

米モルガン・スタンレーは、三 菱UFJフィナンシャル・グループが保有する優先株の普通株転換が 完了したことを明らかにした。

モルガン・スタンレーは30日、規制当局への届け出で、普通株 3億8500万株への転換に伴い、4-6月(第2四半期)に約17億 ドル(約1369億円)の費用を計上すると明らかにした。従来は7- 9月(第3四半期)に転換を完了するとしていた。

同社は4月、三菱UFJが受け取る普通株の株数を7500万株増 やし、転換を加速、年間配当を7億8400万ドル軽減することで合意 した。

届け出によれば、三菱UFJは7月15日に支払われると発表さ れていた配当を受け取らない。4月21日に三菱UFJと普通株への 転換で合意して以降、モルガン・スタンレーの株価がおよそ14%下 落しているため、計上する費用は当初予想の20億ドルを下回る。

米連邦準備制度理事会(FRB)が今月、三菱UFJが最大

24.9%の株式を取得する計画を承認したため、転換が可能となった。 FRBは6月14日、三菱UFJが転換を通じて株式保有率を22% まで高め、その後も「随時」購入が可能との見解を示していた。

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破綻により、モルガ ン・スタンレーの株価が急落した2008年10月、三菱UFJは同社 に90億ドル投資した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601  anishimae3@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Michael J. Moore in New York at +1-212-617-6919 or mmoore55@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: David Scheer at +1-212-617-2358 or dscheer@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE