コンテンツにスキップする

英中銀のフィッシャー委員:欧州債務危機が金融市場回復の妨げに

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のフィッシャー委員は、世界の金融市場が 依然として「回復」を必要としているのに対し、欧州の債務危機がそ の妨げとなっているリスクを指摘した。

フィッシャー委員は29日の講演で、危機とリセッション(景気 後退)後の金融市場の進展について、「金融安定と実体経済への支援 の観点から勇気付けられる状況ではあるが、さらなら回復が必要だ」 と発言。「このプロセスにおいて、この先に明らかな障害が幾つかあ る。現在はユーロ圏に集中しているソブリン債危機がその1つだ」と 指摘した。講演内容は英中銀が30日に公表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE