コンテンツにスキップする

HSBC:700人削減へ-規則変更で英銀は顧客対面サービス見直し中

欧州の銀行最大手、英HSBC ホールディングスは、支店を訪れる顧客に金融商品についての助言を 提供する行員を全英で約700人減らす。同行が30日発表した。こ うした金融助言サービスをめぐる国内の規則変更をにらんだ人員調整。

広報担当のマーク・ヘミングウェイ氏は電話インタビューで、 「この日発表の措置の影響は700人に及ぶ」と述べた。

英金融サービス機構(FSA)の見直しの結果、2012年末以降、 銀行で金融助言を担当するアドバイザーは手数料を受け取らない。銀 行は助言サービスについて顧客への課金を計画している。英銀2位の バークレイズは1月に、顧客対面サービスを提供する行員1000人 を削減すると発表している。

住宅金融で英最大手のロイズ・バンキング・グループはこの日、 経費削減のため1万5000人を削減すると発表した。労働組合ユナ イトの広報担当、デービッド・フレミング氏は「HSBCは自行の悪 いニュースを目立たせないために同じ日に発表することを決めた」と 指摘した。ユナイトは人員削減の規模を840人と見積もっている。 HSBCのヘミングウェイ氏は数字のずれについてコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE