高級靴メーカーの伊フェラガモがミラノ証取に上場-初日に株価大幅高

イタリアの高級靴メーカー、サル ヴァトーレ・フェラガモが29日、ミラノ証券取引所に上場した。同社 は3億4450万ユーロ(約402億円)規模の新規株式公開(IPO)を 実施しており、初日の取引ではIPO価格比11%高の9.95ユーロに 値上がりした。

フェラガモはIPO価格の仮条件を8-10.50ユーロのレンジとし ていたが、中間に近い9ユーロで決定していた。

アジアでのバッグや靴の需要増加を追い風に売上高が伸びているこ とから、同社や伊プラダなど高級品メーカーは相次ぎ株式公開を実施し ている。今年の香港市場のIPOで最大規模だったプラダの株価は今月 24日の上場以降15%値上がりしている。

アクシア・ファイナンシャル・リサーチのファブリツィオ・スパー ニャ会長は「フェラガモはプラダと同様、新興市場や米国で成長してい るイタリア産業の一角をなす。そこからIPOの成功が説明できる」と 指摘。「フェラガモ株に魅力があるのは、危機を経ても黒字を確保でき た広く認められたブランドだからだ」と述べた。

女優の故マリリン・モンローやジェニファー・ロペスにも愛用され た靴を製造するフェラガモは、2010年の純損益が6080万ユーロの黒 字と、前年の1470万ユーロの赤字から改善した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE