日本株は3日続伸、銀行や電力上げる-ギリシャ懸念後退も上値限定

東京株式相場は3日続伸。ギリシ ャが金融支援を得るために必要な緊縮財政案を同国議会が可決し、欧 州債務問題に対する過度の不安が後退した。アナリストによる業界判 断の引き上げ材料も加わった銀行をはじめ、石油・石炭製品やゴム製 品、化学など景気敏感業種の一角が高い。

また、佐賀県知事が原子力発電所再稼働に容認姿勢を示したと主 要各紙で伝わり、九州電力が上昇するなど電力株も上昇。ただ、日米 であす発表される重要経済統計の内容を見極めたいとの姿勢や、対ド ルでの円高方向の動き、株価指数が前日に1カ月半ぶりの高値を付け ていた反動もあり、相場全般の上値は重かった。

TOPIXの終値は前日比5.11ポイント(0.6%)高の849.22、 日経平均株価は同18円83銭(0.2%)高の9816円9銭。

しんきんアセットマネジメント投信の藤本洋主任ファンドマネー ジャーは、「ギリシャでは懸案だった財政再建計画が議会で可決され、 目先はひと息つけそう」と指摘。ただギリシャ問題は、根本的に事態 が改善に向かっているわけではなく、「予断を許さない状況は今後も続 く」とし、投資家はリスク資産の買いに及び腰との見方を示していた。

ギリシャ議会は29日、欧州連合(EU)が支援の条件としている 780億ユーロ(約9兆円)規模の緊縮財政案を可決。デフォルト回避 に向けパパンドレウ首相は最初のハードルを乗り越えた。次に議会は、 これらの措置の実施を承認する第2の法案を30日に採決する。可決さ れれば、ベニゼロス財務相は7月3日の欧州財務相会合に出席し、昨 年合意した救済融資の第5回分の実行について話し合う。

指数寄与度トップは銀行、電力株続伸

ギリシャ不安の後退、それを受けた欧米国株高を好感し、銀行や 石油・石炭製品、ゴム製品、化学、鉄鋼、ガラス・土石製品など景気 敏感業種が上昇。TOPIXの上昇寄与度トップの銀行には、ドイツ 証券が業界判断を「マーケットウエート」から「オーバーウエート」 に引き上げる材料もあった。

このほか、電気・ガスが東証1部33業種の上昇率トップ。玄海原 発の運転再開に向けた動きが伝わり、コスト負担の増加懸念が後退し た九州電をはじめ、四国電力や関西電力も高い。30日付の読売新聞朝 刊は、玄海原発の再稼働に佐賀県の古川康知事が容認の意向と報道。 佐賀県ホームページによれば、古川知事は報道機関とのインタビュー で、海江田万里経済産業相との会談を通じ、「安全性の確認についての 3点はクリアできたと考えている」と述べた。

米ISM統計、日銀短観控え

もっとも、相場全般に対する買いの勢いは弱く、日経平均は午前 の取引で下落する場面も見られた。前日にはTOPIXと日経平均が 約1カ月半ぶりの高値水準を回復、目先の達成感があるほか、あす7 月1日に国内で6月の日本銀行の短期経済観測調査(短観)、米国では ISM製造業景況感指数の発表が予定され、買い手控えムードもあっ た。業種別33指数は保険、水産・農林、食料品、陸運の4業種が安い。

大和証券投資情報部の西村由美次長によると、あす米国で発表さ れる6月のISM製造業景況感指数に市場参加者の関心が向かってい たという。「前回の同指数が市場予想を下回り、グローバルな株安につ ながった経緯があるだけに、警戒感もある」としていた。ブルームバ ーグ調査の予想中央値によると、ISMが発表する6月の製造業景況 指数は51.8と、前月の53.5からの低下が見込まれている。しんきん アセットの藤本氏は、「製造業の拡大と縮小の分かれ目を示す50を割 り込む可能性もある」と身構えていた。

個別では、午後に一段高のソニーが3%高で終了。ユーロ高・円 安基調による輸出採算の改善期待に加え、JPモルガン証券が29日付 で投資判断「オーバーウエート」を強調した材料も出ていた。2012年 3月期の営業利益予想を前期比7.8%増益としたカルソニックカンセ イ、新しい利益成長ステージに入るとし、三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券が目標株価を上げたラウンドワンは急騰した。

半面、震災によるサプライチェーン寸断が部品納入に響くことな どで、12年3月期の営業利益が前期比5.5%減になる見通しのメック が売られた。

東証1部の売買高は概算で19億263万株、売買代金は1兆3195 億円。値上がり銘柄数は1143、値下がり366。国内新興市場は、ジャ スダック指数が前日比0.3%高の52.11と小幅続伸。東証マザーズ指 数は同0.2%安の455.20と3営業日ぶりに小幅反落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE