中国株(終了):上海総合指数7日ぶり反落-地方政府の財政懸念など

中国株式市場では、上海総合 指数が7営業日ぶりに下落した。同国の一部地方政府が銀行融資 を返済できないことへの懸念や、中国人民銀行(中央銀行)が利 上げを続けるとの観測が背景。

銀行株が軟調。上海市政府の投資会社が融資を返済できなく なる可能性があるとの香港紙・信報財経新聞の報道が嫌気された。 中国民生銀行(600016 CH)は4.2%安。最大手の中国工商銀 行(601398 CH)は0.9%安。深圳発展銀行(000001 CH)は

2.4%下げた。

中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(600585 CH) は2.4%安と、前日に付けた2カ月ぶり高値から反落。風力発電 用タービンメーカーで同国最大手の華鋭風電(601558 CH)は

1.4%の値下がり。中信証券(Citic証券)が風力発電関連 株の投資判断を引き下げた。

中信証券のアナリスト、張崎氏(上海在勤)は、「人民銀は 恐らく来月利上げをする」と予想。「インフレ圧力がある限り、 利上げ観測が株式相場の反発を抑え続けるだろう」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に 連動する上海総合指数は、前日比30.72ポイント(1.1%)安の

2728.48と、今月16日以来の大きな下げとなった。同指数は過 去6営業日で5.3%上昇していた。上海、深圳両証取のA株に連 動するCSI300指数は 前日比1.4%安の3000.17。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 松井 玲 Akira Matsui +81-3-3201-7540 Akmatsui@bloomberg.net  Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE