ベトナム:4-6月GDP、前年比5.67%増-インフレ懸念続く

ベトナム経済は内需拡大が寄与し、 4-6月(第2四半期)に成長が加速した。当局にとってはインフレ 加速の抑制が引き続き課題となっている。

ベトナム統計局が29日発表した4-6月期の国内総生産(GDP) 速報値は前年同期比5.67%増となった。1-3月期は5.43%増だった。 1-6月(上期)の成長率は5.57%と、前年同期の6.18%(改定後) から低下した。

ズン首相が進めるインフレと貿易赤字、通貨安に対する取り組み が企業利益を損ねるとの懸念から、ベトナムの主要株価指数は年初来、 低迷している。ただ、1-5月期の小売売上高は前年同期比22.5%増 加した。ベトナム国家銀行(中央銀行)の金利引き上げ後も6月のイ ンフレ率は20.82%に達した。

ベトナム政府は今年の成長率見通しを6%と、当初の7-7.5%か ら下方修正している。昨年は6.8%成長だった。

--Jason Folkmanis in Ho Chi Minh City. With assistance from Nguyen Dieu Tu Uyen and Nicholas Heath in Hanoi. Editors: Stephanie Phang, Brendan Murray

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Jason Folkmanis in Ho Chi Minh City at +84-91-205-3237 or folkmanis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephanie Phang at +65-6499-2617 or sphang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE