西沢東電新社長:福島第一原発事故を陳謝-1日でも早い収束が使命

東京電力の西沢俊夫新社長は29日、 就任後初の記者会見を開き、福島第一原子力発電所事故で地元、国民に 多大の心配、迷惑をかけていることを陳謝するととともに、「避難され ている方々に1日でも早く帰宅していただけるよう事故の収束を図るこ とが最大の使命だ」と述べた。

西沢氏は「地域の復興のために全力を尽くす」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE