シュタルク理事:ギリシャ、債務再編は経済崩壊につながる-ツァイト

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、ギリシャの債務再編は同国経済の崩壊につながるとの考え を示した。独紙ツァイトが同理事とのインタビューを報じた。

それによると、シュタルク理事は「債務再編ということになれば、 ギリシャの銀行は資本の一部または全てを失うだろう。ギリシャ国債を 大量に保有しているからだ」と指摘。「結果として、銀行が十分な融資 を提供できなくなり実体経済が崩壊するだろう」と続けた。

シュタルク理事はまた、ギリシャは債務再編を必要としていないと 述べ、緊縮財政プログラムを実践すれば債務を減らすことができるとの 見通しを示したという。ギリシャがデフォルト(債務不履行)すれば欧 州連合(EU)の評価に傷が付き、他のユーロ圏諸国の信用力も投資家 に疑問視されかねないと指摘したとも同紙は伝えた。

--

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita

+31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jana Randow in Frankfurt at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthew Brockett at +49-69-92041-224 or mbrockett1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE