ゲーム制作の米ジンガ、29日にIPO申請へ-グリーンクレスト

米フェースブック向けのゲーム制 作で最大手のジンガが、29日に新規株式公開(IPO)を申請する。 グリーンクレスト・キャピタル・マネジメントが、ジンガの「主要投資 家」の話を引用して明らかにした。

グリーンクレストのアナリスト、ニッツァン・ハージル氏は、ジン ガは主幹事にモルガン・スタンレーを起用し、IPOの規模は10億ド ル(約810億円)を超えるとの見通しを示した。主要投資家について は名前を公表せず、ジンガを早い段階から支援していたと述べるにとど めた。

2000年の「ドット・コム」全盛期以来のインターネット企業のI POブームにジンガも名を連ねる。この2カ月では、ビジネス向けソー シャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手の米リンクトイ ンやインターネットラジオ局の米パンドラメディア、ロシアのインター ネット・ウェブサイト運営会社ヤンデックスが株式を公開。共同購入ク ーポンサイト最大手の米グルーポンなどのネット企業も自社のIPOに よる恩恵を狙う。

ジンガの広報担当デニ・デュデック氏にコメントを求めてボイスメ ールにメッセージを残したが、今のところ返答はない。モルガン・スタ ンレーの広報担当ペン・ペンデルトン氏はコメントを控えた。

ハージル氏は、ジンガの今年の売上高が約15億ドル、純利益は5 億ドルと試算し、新株を発行して資金を集める必要は同社にないとの見 方を示した。その上で、「IPOは割安な資金へアクセスする手段を与 えるとともに、これまで資金と時間を同社に投入してきた投資家や従業 員にそれを収益化する機会を提供する」と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE