ブラジル株:4カ月ぶり大幅上昇-パン・ジ・アスーカルが急伸

28日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が続伸し、ここ4カ月余りで最大の上昇となった。 仏カルフールとの合弁計画を明らかにした国内小売り最大手のブラジ レイラ・ジ・ディストリブイサン・グルーポ・パン・ジ・アスーカル が急伸したほか、商品相場の上昇で資源株も値上がりした。

グルーポ・パン・ジ・アスーカルは2008年以来の大幅高となり、 終値で過去最高値を更新した。金属・原油価格の上昇を受けて、鉄鉱 石生産で世界最大手のヴァーレとブラジル石油公社(ペトロブラス) も堅調。ブラジル中央銀行がこの日発表した国内融資残高が今年最大 の伸びを示し、イタウ・ウニバンコ・ホールディングなど銀行株も買 われた。

ボベスパ指数は前日比1.8%高の62303.37と、2月16日以来の 大幅高で終了。指数構成銘柄のうち値上がりは55銘柄、値下がりは 10銘柄。通貨レアルは1.2%高の1ドル=1.5758レアル。

レメ・インベスチメントスの運用担当者ジョアン・ペドロ・ブル ガー氏は「ヴァーレなど一部資源株は海外の同じ業種の銘柄に比べて 非常に割安な価格で取引されており、今日は商品相場高を受けて上げ ている」と指摘。「パン・ジ・アスーカルとカルフールの案件は小売業 界が熱くなっており、多くの投資家の関心を引き付けていることを示 唆し、株価の押し上げ要因となった」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE