6月28日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロ続伸、ギリシャを楽観-ドルは対円3週ぶり高値

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが主要通貨の大半に対し て続伸。追加金融支援を確保するために必要な緊縮財政法案がギリシ ャ議会で可決されるとの見方が強まった。

ドルは円に対して3週間ぶりの高値。米国債利回りの上昇が手掛 かり。ユーロは対ドルで下げを埋めた。欧州中央銀行(ECB)のト リシェ総裁が同中銀は「強い警戒モード」にあると発言。来週の利上 げを示唆した。スウェーデンのクローナは対ユーロで7カ月ぶり安値 に大幅下落。同国の小売売上高の減少が売り材料となった。

ウェルズ・ファーゴの主任為替ストラテジスト、ニック・ベネン ブローク氏(ニューヨーク在勤)は、「市場はおしなべて賛成投票と 好ましい結果を期待しているようだ」と指摘し、「賛成投票へのユー ロの反応はおそらく先週の信任投票の時と同様になる。若干の上昇は するが大幅もしくは長時間の続伸とはならないだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時22分現在、ユーロはドルに対して前 日比0.6%高の1ユーロ=1.4365ドル(前日は1.4287ドル)。 月間ベースでの下落幅は0.2%に縮小した。四半期ベースでは

1.5%の上昇。ユーロはこの日、円に対しては0.8%上げて1ユー ロ=116円52銭(前日115円58銭)となっている。月間ベース で0.7%、四半期ベースでは1%それぞれ下げた。

スイス・フランは対ドルで一時1ドル=82.76サンチームと過 去最高値を更新した。ユーロはフランに対し0.2%高の1ユーロ=

1.1954フラン(前日は1.1933フラン)だった。先週24日には 一時1.1806フランと過去最安値を付けた。

一時81円27銭

ドルは対円で一時0.5%高の1ドル=81円27銭を付けた後、

0.3%高の81円10銭で推移している。

米10年債利回りはほぼ1週間ぶりに3%を突破し、海外からの 投資資金を引き寄せた。米10年債利回りは11ベーシスポイント (bp、1bp=0.01ポイント)上昇の3.04%と、日本の国債利回 り1.09%に比べて投資妙味があるとして、ドルの買い材料となった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル・インデックスは0.5%下げて75.045だった。米民間調査機 関のコンファレンス・ボードが28日発表した6月の消費者信頼感指 数は市場予想に反して58.5と、前月の61.7から低下し、7カ月 ぶりの低水準になった。

採決結果を待たずに

インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(コネティカット州 グリニッチ)のシニア市場アナリスト、アンドルー・ウィルキンソン 氏は、「市場はソブリン債のデフォルト(債務不履行)という現実を 主な障害と見ているため、リスクという意味では早計な上昇が幅広く 見られた。ギリシャ議会の採決という結果を待たず、可決されて世界 的な問題が解決されるとの観測に基づいて行動している」と説明した。

ギリシャ議会は29日に緊縮財政法案を採決し、その後で同法を 実施するための法案について投票する。

◎米国株:上昇、ギリシャのデフォルト回避楽観-好決算ナイキ急伸

米株式相場は上昇。S&P500種指数は終値ベースで6月3日 以来の高値となった。欧州各国がギリシャのデフォルト(債務不履行) 回避に向けて行動するとの楽観が広がった。世界最大のスポーツ用品 メーカー、ナイキの決算が予想を上回ったのも買い材料だった。

ナイキは10%高。北米の売り上げ増が寄与し、同社の四半期利 益はアナリスト予想を上回った。建機大手キャタピラーや石油のエク ソンモービル、アルミ生産のアルコアが中心となり景気敏感株が値上 がりした。住宅用品小売りのホーム・デポも高い。同社は今年、約 35億ドル相当の株式買い戻しを目標に掲げていることを明らかにし た。

S&P500種株価指数は前日比1.3%高の1296.67。ダウ工 業株30種平均は145.13ドル(1.2%)上げて12188.69ドル。 午後5時12分現在、米証券取引所全体の出来高は約61億株で、前 日までの3カ月平均を約14%下回った。

22億ドル規模の顧客資産を運用するシチズンズ・ビジネス・バ ンクの最高投資責任者(CIO)、ショーン・クラウス氏は、この日 の株高について、「世界的な成長シナリオの継続を反映している」と 指摘。「ギリシャに関しては安心感が出た。世界経済の状況を見極め る上でナイキのようなグローバル企業がヒントになるが、ナイキの四 半期決算がかなり良好で、市場にとってはサプライズだった」と続け た。

エネルギー株上昇

S&P500種産業別10指数では、エネルギー株、消費者サー ビス株、素材株がこの日の上げを主導した。S&P500種が3月16 日に底をつけて以来、ヘルスケアや通信、公益事業といった景気の変 動を受けにくいディフェンシブ銘柄が最も値上がりしている。経済成 長が減速しているとの見方を背景に投資家はディフェンシブ銘柄を安 全逃避先として選好している。

事情に詳しい関係者2人がブルームバーグに語ったところによる と、ドイツの大手銀行と保険会社は29日に同国財務省当局者と、ギ リシャ国債のロールオーバー(借り換え)についてフランスが提起し た案を基に協議する。これを材料に世界的に株価が上昇した。

ドイツとフランスの金融機関は最大のギリシャ国債保有者であり、 ギリシャ債を少なくとも300億ユーロをロールオーバーするという 欧州連合(EU)の目標の達成には両国の参加が不可欠だ。

ナイキが高い

ナイキの3-5月(第4四半期)決算は、売り上げが増加した一 方で、コスト高に対応するためのマーケティング費用の圧縮が利益増 につながった。

ダウ平均銘柄の中で4-6月(第2四半期)決算を最初に発表す るアルコアは2.4%高。同社決算は7月11日に発表される。ブル ームバーグがまとめたアナリスト調査によると、S&P500種採用 企業の4-6月期決算は13%の増益が見込まれている。

景気動向との関連が強い銘柄で構成するモルガン・スタンレー・ シクリカル指数は1.5%高。構成する30銘柄のうち29銘柄が上昇 した。

キャタピラーは3%高、エクソンは2.2%上昇した。ホーム・ デポは2.4%上昇。

◎米国債:下落、5年債入札が低調-ギリシャ緊縮財政案の承認観測

米国債相場は下落。5年債利回りは1月以来の大幅上昇となった。 ギリシャ議会が緊縮財政案を承認するとの観測から米5年債入札(発 行額350億ドル)での需要が1年ぶり低水準となったことが手掛か り。

10年債利回りは3%を上回った。欧州のソブリン債危機が世界 経済の回復の足かせになるとの懸念が和らいだ。5年債入札では、投 資家の需要を測る指標の応札倍率が2.59倍と、2010年6月以来 の低水準となった。

BNPパリバの金利ストラテジスト、セルゲイ・ボンダルチャク 氏は「入札は低調だった」と指摘。「ギリシャ情勢に改善の兆しが見 られれば利回りは上昇する可能性があるため、現在の水準ではあまり 強気に出られない」と分析した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後3時57分現在、既発5年債の利回りは前日比13ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.58%。同年債(表面利 率1.75%、2016年5月償還)価格は5/8下げて100 25/32。

5年債利回りは一時16bp上昇の1.61%と、取引時間中とし ては1月5日以来の大幅な上げとなった。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、スコット・ シャーマン氏(ニューヨーク在勤)は「国債相場は若干高過ぎる水準 に達していたのかもしれない」とした上で、「上値が重くなったよう だ」と述べた。

10年債利回りが3%超え

10年債利回りは10bp上昇の3.03%。前日は2.84%と、昨 年12月1日以来の水準に低下していた。

この日の5年債入札の最高落札利回りは1.615%。入札直前の 市場予想は1.580%だった。

海外の中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める比率は

37.6%と、2月以来の低水準。プライマリーディーラー(政府証券 公認ディーラー)以外の直接入札の比率は10.2%だった。

財務省は今週、合計990億ドルの入札を実施。前日の2年債入 札(発行額350億ドル)では最高落札利回りが0.395%と過去最 低を記録。間接入札の落札比率はここ3年余りで最も低い水準となっ た。あす29日には7年債入札(発行額290億ドル)が予定されて いる。

「過去最低」

BTGパクチュアルのプリンシパル、ジョン・ファース氏は「き のうの2年債入札の落札利回りは過去最低だった」とした上で、「5 年債入札では過去最低ではなかったが、インフレ率の上昇で数カ月前 と比較し妙味は大きく低下している」と述べた。5年債入札では、昨 年9月に落札利回りが1.260%と過去最低を付けた。

消費者物価の予測値を示す10年債と同年物のインフレ連動債 (TIPS)との利回り格差(ブレークイーブンレート)は2.30 ポイントと、5月以降では最大となった。

ギリシャでは29日に緊縮財政案の議会採決が実施される。承認 されなければ、ユーロ圏で初のデフォルト(債務不履行)につながる 可能性がある。

◎NY金先物:4日ぶりに上昇、ドル安で代替需要-1500.20ドル

ニューヨーク金先物相場は4営業日ぶりに上昇。ドルが下落した ことで、代替投資先としての金の需要が拡大した。

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が、当局者らは「強い警 戒モード」にあると発言し、来週の政策委員会で利上げの用意がある ことを示唆、ドルがユーロに対して値下がりした。

ドイツのコメルツ銀行(フランクフルト)のアナリスト、ダニエ ル・ブリーゼマン氏は、「この日の金価格に影響したのは明らかにド ルだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 8月限は前日比3.80ドル(0.3%)高の1オンス=1500.20ド ルで終了した。年初からは5.5%の値上がり。

◎NY原油先物:約6週ぶり大幅高、ギリシャ議会の採決を楽観

ニューヨーク原油先物相場は上昇。ほぼ6週間ぶりの大幅高とな った。デフォルト(債務不履行)回避に不可欠な財政緊縮策をギリシ ャ議会が承認するとの観測が広がった。7月4日の独立記念日を前に 米国の燃料需要が増加するとの見通しも買い材料。

ギリシャ議会による採決を29日に控え、ユーロは上昇。財政緊 縮策が承認されれば、同国のデフォルト回避への道が開かれることに なる。ユーロ圏でこれまでソブリン債がデフォルトに陥った国はない。 米国では通常、独立記念日の休暇中にガソリン需要がピークに達する。 米国立ハリケーン・センター(NHC)がメキシコのカンペチェ湾で 熱帯性低気圧が発生する可能性を指摘すると、原油は上げ幅を拡大し た。

PFGベストの調査部門バイスプレジデント、フィル・フリン氏 (シカゴ在勤)は、「ユーロは堅調に推移しており、ギリシャで財政 緊縮策が成立する可能性は高い」と指摘。「熱帯性低気圧のニュース で原油は一段と上昇した」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比2.28ドル(2.52%)高の1バレル=92.89ドルで終了。原油 先物は過去1年間に19%上昇、第2四半期(4-6月)ではこれま でに13%値下がりしている。

◎欧州株:上昇、ギリシャ緊縮策の承認に期待-スタンダード銀高い

28日の欧州株式相場は上昇。ギリシャ議会がパパンドレウ首相 の働き掛けに応じ、緊縮財政策を承認するとの見通しが広がった。

英スタンダードチャータード銀行は2.7%高。1-6月期(上 期)の税引き前利益が前年同期比で2桁の伸びを記録する可能性を指 摘した。ゴールドマン・サックス・グループが投資判断を「バイ(買 い)」に引き上げた英保険会社プルーデンシャルも高い。オランダの カーナビゲーション機器メーカー、トムトムは大幅安。米国での需要 減少を理由に、通期の利益と売上高見通しを引き下げたことが影響し た。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の265.26で終了。 ただ、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念を背景に、2月17 日に付けた年初来高値は8.9%下回っている。ブルームバーグのデ ータによれば、株価収益率(PER)は2008年以来の低水準。

MBファンド・アドバイザリーのティロ・ミューラー氏は、「欧 州債務危機がなければ、株式にはプラスの環境だ」と述べ、「株価は 割安で経済データも企業業績も良好。ギリシャ議会で緊縮策に賛成票 が投じられれば、市場の懸念緩和に役立つだろう」と話した。

この日の西欧市場では、アイスランドとベルギーを除く16カ国 で主要株価指数が上昇。ギリシャ議会では救済融資を受け取るのに必 要な緊縮策をめぐり、3日間の審議が27日始まった。

スタンダードチャータード銀は1581ペンスで終了。プルーデ ンシャルは2.6%高の705.5ペンス。トムトムは27%安の3.58 ユーロ。

◎欧州債:ギリシャ債が1週ぶり大幅高、支援観測で-ドイツ債下落

28日の欧州債市場では、ギリシャ国債が約1週間ぶりの大幅高 となった。ギリシャ議会が29日に一連の緊縮策を可決するとの見方 から、同国が国際的な追加融資を受け取るのに1歩近づいたとの観測 が広がった。

スペインとポルトガルの10年債も上昇。一方、ドイツ2年債は 下落した。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が今年2回目の利 上げに踏み切る準備があることを示唆したほか、ドイツの経済統計で 一部の州にインフレ加速の兆候が明らかになったことがきっかけ。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、ピーター・ チャットウェル氏(ロンドン在勤)は、緊縮策が「ギリシャ議会で可 決されるとみている。ドイツ国債はやや売られ、周辺国債とのスプレ ッド(利回り格差)が若干縮小するだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時36分現在、ギリシャ10年債利回りは前 日比35ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

16.45%と、9日以来の低水準。一時は42bp下げ、17日以降で 最大の下げとなった。同国債(表面利率6.25%、2020年6月償還) 価格は1.03上げ53.795。ギリシャ2年債利回りは87bp低下の

28.51%。

ポルトガル10年債利回りは前日比18bp下げ11.50%、スペ イン10年債利回りは6bp低下し5.63%。

ドイツ2年債利回りは9bp上げ1.47%、独10年債利回りは 4bp上昇し2.93%。

トリシェ総裁はこの日、「われわれはインフレ期待を抑え込むた めに漸次決定を下している」とし、「ECBに関する限り、当局は強 い警戒モードにある」と発言した。

◎英国債:10年債下落、利回り3.26%-株高で安全求める動き後退

28日の英国債相場は下落。株高を背景に、安全を求める動きが 後退した。

10年債利回りは前日比10ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.26%。同国債(表面利率3.75%、2020年9 月償還)価格は0.79下げ103.885。

この日の株式市場では、英株式の指標であるFTSE100指数 が0.8%上昇、ストックス欧州600指数は0.5%上げた。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来リターン(投資収益率)は プラス3.2%。これに対しドイツ国債は0.8%、米国債は3.4%と なっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE