IMF:ラガルド仏財務相を専務理事に選出、7月5日に就任

国際通貨基金(IMF)は28 日、フランスのラガルド財務相(55)を次期専務理事に選出したと 電子メールで発表した。

同氏は、5月に辞任したストロスカーン前専務理事の後任となる。 任期は5年で、7月5日に就任する。女性のIMF専務理事就任は初 めて。

ラガルド氏は電子メールでの声明で、「IMF加盟国からの幅広 い支持に感謝したい」とし、IMFが世界的な経済危機のさなかに目 指したのと「同じ焦点、同じ精神で加盟国全体のために貢献すること が私の最重要目標だ」と続けた。

IMF理事会は発表文で、「ラガルド氏がIMFを効果的に率い ていくことを期待している」と記述した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE