欧州株:上昇、ギリシャ緊縮策の議会通過に期待-スタンダード銀高い

28日の欧州株式相場は上昇。 ギリシャ議会がパパンドレウ首相の働き掛けに応じ、緊縮財政策を承 認するとの見通しが広がった。

英スタンダードチャータード銀行は2.7%高。1-6月期(上 期)の税引き前利益が前年同期比で2桁の伸びを記録する可能性を指 摘した。ゴールドマン・サックス・グループが投資判断を「バイ(買 い)」に引き上げた英保険会社プルーデンシャルも高い。オランダの カーナビゲーション機器メーカー、トムトムは大幅安。米国での需要 減少を理由に、通期の利益と売上高見通しを引き下げたことが影響し た。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の265.26で終了。 ただ、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念を背景に、2月17 日に付けた年初来高値は8.9%下回っている。ブルームバーグのデ ータによれば、株価収益率(PER)は2008年以来の低水準。

MBファンド・アドバイザリーのティロ・ミューラー氏は、「欧 州債務危機がなければ、株式にはプラスの環境だ」と述べ、「株価は 割安で経済データも企業業績も良好。ギリシャ議会で緊縮策に賛成票 が投じられれば、市場の懸念緩和に役立つだろう」と話した。

この日の西欧市場では、アイスランドとベルギーを除く16カ国 で主要株価指数が上昇。ギリシャ議会では救済融資を受け取るのに必 要な緊縮策をめぐり、3日間の審議が27日始まった。

スタンダードチャータード銀は1581ペンスで終了。プルーデン シャルは2.6%高の705.5ペンス。トムトムは27%安の3.58ユー ロ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE