ギリシャのデフォルト回避で「第二の案」はない-レーン欧州委員

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は28日、ギリシャ がデフォルト(債務不履行)を回避する方法で「第二の案」はないと 強調した。

同委員は「ギリシャは今週、決定的な局面に直面する」とし、 「同国の未来と欧州の金融安定の両方がかかっている。現在行われて いる議会審議におけるギリシャの権利と主権を全面的に尊重するとと もに、ギリシャの政治指導者らがデフォルト回避の責任が自らの肩に かかっていることを十分に認識していると信じる」との声明を出した。

「差し迫ったデフォルトを回避する唯一の方法は」ギリシャ議会 が中期財政計画と民営化プログラムを含む経済計画を承認することだ と強調。

「他の選択肢があるかもしれないという観測に対して私は明言す る。デフォルト回避のための第二の案などというものは存在しない」 とし、「EUはギリシャを支え続ける用意があるが、それはギリシャ が自らを助ける場合のみだ」と続けた。

--

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544  Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Clapham at +32-2-285-4302 or aclapham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE