アジア株:上昇、ギリシャ債借り換え近いとの観測で-ハイテク株高い

28日午前のアジア株式相場は上 昇。指標のMSCIアジア太平洋指数は月間ベースでの下げ幅を縮 小している。ギリシャ国債の一部でロールオーバー(借り換え)が 認められる可能性があるとの観測から、ソブリン債務危機の欧州全 体への拡大懸念が緩和された。欧州はアジア企業にとって最大の輸 出市場の1つ。

欧州を最大市場とする香港の衣料小売り、エスプリ・ホールデ ィングスは香港市場で2%高。売り上げ規模で世界3位の携帯電話 メーカー、韓国のLG電子はソウル市場で1.2%上昇。インターナ ショナル・データ・コープ(IDC)の調査で米企業による情報技 術(IT)投資が今年は伸びるとの見通しが示されたことが手掛か り。世界最大の鉱山会社でオーストラリア最大のエネルギー会社、 英豪系BHPビリトンはシドニー市場で0.8%高。原油と銅の先物 相場の上昇が材料となった。

SMBCフレンド証券の中西文行シニアストラテジストは、「欧 州諸国の協力で、目先は最悪のシナリオは避けられそうとの楽観論 が出てきている」と指摘した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時36分現在、前 日比0.8%高の131.77。指数構成銘柄のうち値上がりと値下がりの 割合は約3対1。日経平均株価の午前終値は前日比103円27銭 (1.1%)高の9681円58銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE