暴力的なゲームソフト、販売禁止は違憲-米最高裁が加州法律を無効に

未成年者に暴力的な内容のゲー ムソフトを販売することを禁じるカリフォルニア州の法律に対し、米 連邦最高裁判所は憲法で保護されている言論の自由を侵害するとの判 断を下した。

政府は未成年者を保護するために性的な題材を扱った商品の販売 を制限することができるが、最高裁は27日、暴力的なゲームソフト がこうした性的商品と同種であるとする加州の主張を棄却した。同法 律は賛成7、反対2で無効となった。

業界団体であるエンターテインメント・マーチャンツ・アソシエ ーションとエンターテインメント・ソフトウエア・アソシエーション の2団体が同法律に異議を唱えていた。この2団体の中には、エレク トロニック・アーツ(EA)やマイクロソフト、ソニー、テイクツ ー・インタラクティブ・ソフトウエアが含まれる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE