鉄連会長:今年度の粗鋼生産1億850万トン強、月ごとに見方強く

日本鉄鋼連盟の林田英治会長(JF Eスチール社長)は27日の定例記者会見で、今年度の粗鋼生産について 1億850万トン強になるとの見方を示した。月ごとに見方が強くなって いるという。また、関西電力など電力会社から使用電力の節電を求めら れていることに関しては、夜間・休日操業などを組み込むことで対応す る考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE