リオ:パプアニューギニアでの反体制弾圧に加担との主張は根拠なし

英・オーストラリア系の鉱山会社リ オ・ティントのスポークスマンは27日、パプアニューギニアの反政府勢 力の弾圧で、同国軍部を支援したとの指摘は「全く根拠がない」と述べ た。電子メールでコメントを送付した。

SBSテレビの番組デート・ラインは26日、パプアニューギニアの ソマレ首相が野党時代の2001年に作成した宣誓供述書について伝えた。 同番組によると、同首相はリオと子会社のブーゲンビル・コパーが軍部 の作戦で積極的な役割を果たしたと主張した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE