IEA事務局長:必要なら石油備蓄をさらに放出の可能性-北京で語る

国際エネルギー機関(IEA)の田 中伸男事務局長は25日、北京で、加盟国が石油備蓄放出を決定した後 で、エネルギー市場を見守っており、石油価格安定に必要であれば、再 び行動を取ることを明らかにした。

同事務局長は北京での会合で記者団に対し、「われわれは市場の反 応待ちで、状況を分析し、30日後に今後の行動を決定する」と述べ、 「必要なら、われわれは継続する」と述べた。

IEAは今月23日、日量200万バレルを30日間放出すると発表し た。

同事務局長は備蓄放出について、予防的行動であり、エネルギー市 場の「ソフトランディング(軟着陸)」に役立つだろうと指摘。今回の 行動がなければ、石油価格は2012年に非常に高くなり、「世界経済の健 全な回復を確実に損なうだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE