6月24日の欧州マーケットサマリー:欧州株が下落、英国債は上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4159 1.4256 ドル/円 80.41 80.51 ユーロ/円 113.86 114.78

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 263.98 -.33 -.1% 英FT100 5,697.72 +23.34 +.4% 独DAX 7,121.38 -28.06 -.4% 仏CAC40 3,784.80 -2.99 -.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.36% -.02 独国債10年物 2.83% -.03 英国債10年物 3.13% -.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,514.75 -8.25 -.54% 原油 北海ブレント 104.41 -2.85 -2.66%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は下落。週ベースでは1998年以来最長の 値下がりとなった。鉱山株や自動車銘柄が回復したものの、欧州ソブ リン債危機が悪化するとの根強い懸念が相場全体への重しとなった。

イタリアの銀行株が安い。UBIバンカ(ウニオネ・ディ・バン ケ・イタリアーネ)は株主割当価格を下回った。一方、資源銘柄の英 アントファガスタとスイスのエクストラータは上昇。銅の値上がりが 材料視された。ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェは2.4% 高。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ・グローバル・ リサーチが「買い」の投資判断を維持したことがきっかけ。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%安の263.98で終了し、 3カ月ぶり安値となった。週ベースでは8週連続の下げで、1998年 以来最長の下落。株価収益率(PER)は2008年以来の低水準とな っている。

バーダー銀行(フランクフルト)の調査責任者、ロバート・ハル ベル氏は、「市場は依然、ギリシャ緊縮財政策の来週の結果待ちであ り、誰も株式市場に大きく投資しようとしない」と指摘。「ギリシャ はユーロ圏を葬る最初の一撃だ」と続けた。

ストックス欧州600指数は一時、1.2%高を記録。ドイツのI fo経済研究所がまとめた6月の企業景況感指数が114.5となり、 予想に反して前月の114.2から改善したのが好感された。

この日の西欧諸国では、株式市場がオープンしている16カ国中 9カ国で主要株価指数が下落した。

イタリアの銀行4位、UBIは0.9%安の3.78ユーロ。アント ファガスタは2.3%高の1266ペンス。エクストラータは2.2%高 の1271ペンス。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、イタリアとスペインの2年債相場が下落。 欧州連合(EU)の各国首脳がギリシャに緊縮財政策の実施と引き 換えに追加支援を提供することで合意したものの、債務危機の拡大 は防げないとの懸念が広がった。

イタリア10年債のドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅 (スプレッド)はユーロ導入以後の最大を記録した。格付け会社ム ーディーズ・インベスターズ・サービスは23日、イタリアの銀行 13行の格付けを引き下げる方向で見直すことを明らかにした。

一方、ドイツ10年債は上昇。この日発表されたドイツの企業 景況感が予想に反して改善したことを背景に、一時軟調となった。

RBCキャピタル・マーケッツの欧州債券ストラテジー責任者、 ピーター・シャフリク氏(ロンドン在勤)は、「まさにリスク回避 の状況で、すぐに変わることはないだろう」と語った。

ロンドン時間午後3時17分現在、イタリア2年債利回りは前 日比11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

3.28%。一時は昨年11月30日以来の高水準を付けた。イタリア とドイツの10年債利回り格差は213bpまで拡大する場面もあっ た。スペイン2年債利回りは9bp上げ3.69%。

一方、ギリシャ10年債利回りは前日比9bp低下の

16.78%。同国の2年債利回りは35bp下げて28.29%。前週に は30%を突破していた。

ドイツのIfo経済研究所がこの日発表した6月の独Ifo企 業景況感指数は114.5と、前月の114.2から上昇。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト39人の予想中央値では113.4への 低下が見込まれていた。

ドイツ2年債利回りは2bp下げ1.35%。一時は2月18日 以来の最低となったものの、景況感指数発表後には最大5bp上昇 した。 10年債利回りは2bp低下し2.84%。前週末は2.96%だった。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。失速兆候を示す景気の下支えで、イング ランド銀行(英中央銀行)が緩和的な金融政策を維持するとの観測 が広がった。

ディーラー間ブローカーの英タレット・プレボンがまとめたポ ンド翌日物金利加重平均先物のデータによると、金融市場では英政 策金利の0.25ポイント引き上げは早くても来年5月以降になると 予想されている。21日時点では利上げは同5月と見込まれていた。

10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の3.14%。前週末比では6bp下げた。2年債利 回りは0.70%。週間では7bp低下した。

英産業連盟(CBI)が23日発表した6月の小売売上高指数は 1年ぶりの水準に落ち込んだ。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE