コンテンツにスキップする

国際石開帝石:豪州イクシスLNGプロジェクトの権益10%を売却も

国際石油開発帝石は燃料供給合 意の一環として、オーストラリア北部で計画しているイクシス液化天然 ガス(LNG)プロジェクトの権益10%を売却する可能性があること を明らかにした。

同プロジェクトの権益は、国際帝石が76%、フランスの石油会社 トタルが残り24%を保有しているという。

国際石開帝石は中部電力と東邦ガス、台湾公営の石油会社、台湾中 油(CPC)にLNG供給で合意。さらに日本の5社との協議も近く完 了する見通しとなっている。

国際石開帝石の広報・IRユニットジェネラルマネジャーの板野和 彦氏は24日に電話で、イクシスLNGプロジェクトの権益売却をめぐ りこれらの企業と交渉中であることを明らかにした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: James Paton in Sydney at +61-2-9777-8698 or jpaton4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Ryan Woo at +65-6311-2441 or rwoo5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE