EU首脳、ギリシャ支援を約束-財政緊縮策の議会通過が条件

欧州連合(EU)首脳はギリシャ のパパンドレウ首相が来週、財政緊縮策の議会通過を実現するならば、 同国のデフォルト(債務不履行)を回避すると約束し、ユーロ圏経済 を安定化させる考えを表明した。

パパンドレウ首相は23日遅くにブリュッセルで行われたEU首脳 会議初日の討議後に記者団に対し、「これはゴーサインであるだけでな く、ギリシャの将来にとって明るい兆候だ」と述べた。

ギリシャによる780億ユーロ(約9兆円)の財政緊縮策は23日に EUの行政執行機関である欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際 通貨基金(IMF)の専門家からの支持を取り付けており、同国にと って次のハードルは緊縮策の議会通過となる。

23日のEU首脳会議はギリシャ問題が議論の中心で、首脳らは緊 縮策に共同歩調を取るようギリシャ野党に迫る考えで一致した姿勢を 示した。これに対しギリシャ最大野党・新民主主義党のサマラス党首 はブリュッセルで開かれた欧州の保守政党関係者との会合では同意す ることを拒み、歳出削減を支持するものの「今のポリシーミックス」 は増税に依存し過ぎていると批判した。

ギリシャ政府当局者によると、パンドレウ首相は首脳会議に先立 って開かれたメルケル独首相やファンロンパイEU大統領、サルコジ 仏大統領、トリシェECB総裁との会合で、7月に予定される120億 ユーロの次回融資分の実行などの条件となっている財政緊縮策を実現 すると確言した。

ギリシャ議会は7月3日の欧州財務相会合での次回融資実行に関 する合意に間に合わせるため、6月30日に緊縮策に関する採決を行う。 ブルームバーグのデータによると、ギリシャは7月15日から22日ま でに約40億ユーロの国債償還を迎える上に、7月には約30億ユーロ の利払いが必要。さらに、8月20日には66億ユーロの国債償還が迫 っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE